簡単にダンススクールがわかる!

最近のワキガ治療では、ミラドライという治療法が注目されていることをご存じでしょうか。
ワキガ治療は保険適用となっている剪除去が一般的ですが、メスを使うため痛みを伴い、傷跡も残ります。


また、安静にする期間も長く、感染症等の心配もあります。

剪除法以外のワキガ治療にはボトックス注射という方法もあります。

まったく新しいhttp://www.goldschool.jp/関連の情報をたくさん掲載しています。

痛みがなく傷跡も残らないのが利点ですが、効果が長く持続しないのが難点です。

それらの治療法に対し、ミラドライでは痛みもなく、傷跡も残らず、効果が持続すると期待されています。ミラドライはアメリカのMiramarLabsで開発されたもので、2010年からは日本でも使用されるようになりました。


ミラドライとはマイクロウェーブ波、すなわち電磁波を利用して、ワキガの原因となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊するというものです。電磁波が汗腺の水分に直接作用するので皮膚を切る必要がなく、苦痛が少なくて済むのです。
あらかじめ麻酔をするので電磁波を照射することによる痛みもなく、治療時間も1時間程度で終了します。治療後に多少の痛みと腫れが出ることもありますが、1週間ほどで消えることがほとんどです。


ミラドライの治療効果は半永久的だと言われていますが、日本で治療を始めてからまだ数年なので、どの程度の持続性があるかは不明です。アメリカでは1回の治療で7割、2回治療を行って9割が改善されるとのデータが出ているようですが、日本では1回で済ませていることが多いようです。

2回目の治療を必要とする場合は、1回目から3ヵ月を経過すると電磁波照射が可能となります。残念ながら、治療を行っている地域はまだ限定的で、どこの地域でもミラドライ治療が可能だとは言えません。

また、ミラドライは保険適用になっていないので、45万円くらいかかるのが普通です。

ただし、2回目の治療をする時には料金が安くなることもあるようなので、担当医によく相談すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 newsing it!